ハンドカットログ
ハンドカットログ

ハンドカットログ

自然の丸太を使うことにより完全オリジナルなログハウスを作ることが出来ます。
とっとの森では、丸太材料にもこだわりがあり、様々なオーナー様のニーズに答えられるようにしてあります。

◎ 国産材(杉・ひのき)+新月材
◎ ダグラスファー(米松)
カナダから取り寄せていますのでグレードはオールドグロスといいます。
※オールドグロスとはカナダの自然林から伐採される材木の事で1mmの中に3年輪入っているためとても密度の濃い木材となります。
※なぜ密度が濃い木材がいいのかと言うと、年輪と年輪の間が狭い事により含水率が少ないので湿気を含みにくい木材となっております。
◎ レッドシーダー
カナダより取り寄せております。 当社はアメリカよりもカナダから材木を取り寄せる事により、より年輪の詰まった含水率の少ない材木を使用するのが目的です。
◎ 丸太
丸太は鬼皮剥ぎから電気カンナで皮むき、丸太磨きをおこない、初めてログ材としての製品となります。
こだわりをお持ちのオーナー様から、初めてのログハウスオーナー様にもご満足を頂ける様に対応させて頂いております。

  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
ログハウス制作過程
ログハウス制作過程

ポスト&ビーム

柱(ポスト)と梁(ビーム)に丸太を用いた軸組工法のログハウスになります。
今回お客様のご希望により外壁はサイディングではありますが木目調を使用することにより、板張り感を出しました。
壁を2重構造にして、壁換気を取り付けし外の熱の伝わりをしにくくしました。柱と桁に関しても絶対に隙間のできない収まりになっております。

◎お客様の声
この度、ポスト&ビーム方式のログハウスが平成30年2月に完成しました。
コンセプトは『山小屋』で、山から切り出した杉丸太の皮むき及び加工など
をまさにハンドメイドで仕上げた材木で組み立てられ、力強く太い柱や梁を
眺めることで住むことに心地良さを感じる家に出来上がり、天井及び壁・床
も杉や檜の板張りで文字どおりの「木造住宅」で非常に満足しています。
おかげで家の中から又外から眺めても見飽きない日々を送っています。

  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程
  • ログハウス制作過程