丸太見てきました。

2006/07/18 スロープ拡張工事

イメージ 1

イメージ 2

この丸太見てください。 いつも通り目混み丸太、しかもテーパー(丸太の元と末の太さの差)も少なく
通りは多少曲がりかな。
真っ直ぐな直行材だと作っていてもつまらない、少し癖のある方が難易度も増し面白そう、
しかも出来上がってみれば、ワイルド感も出て個性的になってくる。
カナダ産のダグラスファーで皮付きの目混み材、多少の曲がりクネリのある丸太。
私、とっとはこんな丸太しか買わない。
他社はアメリカ産の目荒なダグラスファー、チェーンバーカーで皮も剥かれた、
素直な直行材をみんな買っていくそうです。
値段が安い、手間を少し省けて、利幅が広がる、
こんな理由で材木を選んで買っていくそうです。(材木屋談)
しかし、これはね~問題あり!いい物をクウォリティーの高いものを作って生きたいので、
妥協はしません。

まだ他に大事な理由がありますが、あえて理由は伏せておきます。知りたい方は聞いてみてください。