ウッドデッキ

2007/04/11 過去の施工例
ぱっくさん見てますか~

ここからはチョコット真似できないっしょ~

ログ手摺~

まずはポストから。


ポストの下側にオリジナルのデザインを付けて、カット加工し上部にはホゾ付き



こんな感じにポストを配列したら、いよいよ本当のログ手摺の登場です。

とは言え、すぐには設置しませんよ~

まずはログ手摺の加工形状を見てください。


ホゾ穴だけではありませんよ~

特殊加工が施されています。よ~く見てください。

見えますか~、解りますか~

じゃ アップにしてみましょうか。


わかった~?

背割れ!背割れを入れていますが、そこに更にクサビを入れて、この背割れに強制力をつけています。


背割れも、真下だとホゾ穴に絡んで、後々ホゾ穴にガタツキ が出来てしまいますから、

あえて、外側にずらしてしかも~クサビを入れることにより、

ここから割れていくように強制力を付けていく。

こうすると何がいいかと言うと、木の癖などでどこに割れの力が入って割れていくか解らない

木にとって、クサビで強制力を付けていきますと、ここから割れていきなさい、

他の部分は余分に割れちゃだ~め~よ~

と言う具合になります。

ただここには、秘密のテクがチョコットありますが、そこはナイショ。


手摺も乗り、階段を付け、

子柱の変わりに、クロスを入れてみました。


そしてフリーに上がり降りできる、隅に上がり段をデザインカットして付けてみました。


ウッドデッキがほぼ完成の図です。