フルログの記録

2007/04/01 過去の施工例
本日はテノンカッターによる手摺の製作過程を紹介します。

まず貰ってきた桜の枝これを皮むきします。


こんな感じに剥けます。


皮むきの終わった桜の枝を、仮の位置にすえて見ます。


そして長さをカットしどの範囲までカッターのカーブにするかを決定したら、

いよいよテノンカッターに突っ込んでみましょう。


シュルシュル鉛筆削りのような要領で、削れていきます。


こんな感じで削り仕上がりです。


それがこんなとこや


こんなとこに


使われ収まりました。



つづく